FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 苗場スキー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tosyjp.blog.fc2.com/tb.php/116-703f7ffd
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 週末は歩きing

Home > スポンサー広告 > 苗場スキー

Home > 上越 > 苗場スキー

苗場スキー

  • Posted by: tosyjp
  • 2017-03-18 Sat
  • 上越
[アプローチ]
町田0352〜高尾山IC0433〜月夜野IC0647〜0730苗場スキー場
苗場スキー場1657〜月夜野IC1737〜高尾山IC1929〜2010町田


二十数年振りに苗場スキー場へ。
休止しているリフトもあり、当時に比べてゲレンデが狭くなった印象が。。

8時からリフトが動き始めるとグルーミングバーンが待っていました。
DSC01781


ちょうどスキー板の試乗会が行われていたので参加してみることに。

DSC01801
最初に乗ったのが基礎オールラウンドの「ATOMIC REDSTER G9i X12TL 165cm」。

乗ってみた第一印象は、軽い!
SERVOTECおかげで、ラディウス(R=16.8m)が大きく、かつフルキャンバーであっても操作性が高いとのこと。
軽いのと相まって確かに軽快感が。

エッジに乗り易く、テールの張りもあるのでターンの抜けが良く、キレッキレの小回りがし易いです。
整地で滑りを細かく表現するにはピッタリ。

ただ軽さのせいか、高速での安定感はもう少し欲しいところ。
荒れたバーンで飛ばす場合、ある程度物理的な重さが必要なのか。
もう少し試してみたいと思わせる板でした。


DSC01804
次に試したのがBC板の「ATOMIC VANTAGE 100CTi 180cm」。

筍山に上がった際にあまり踏まれていない斜面があったので、早速試してみることに。

まず乗ってみるとチタン特有の? カラカラ音が。すぐに慣れて気にならなくなりますが。。
板が軽いせいかワイド100mmでも結構ファット感があり、筍山の荒れたバーンでも問題なく滑れます。

軽く、かつ抑えられる板に仕上がっていますが、課題はフィーリング。
最近の板の傾向でしょうか。昔の板の方がしなやか感があるような。。


天気もだんだん良くなり陽が射してきました。
DSC01818


ガスが取れて苗場山が目の前に。
DSC01827


谷川岳も。
DSC01834


平標山から谷川岳の稜線が美しいです。
DSC01843


DSC01852
ファットの次に乗ったのがSL競技FISモデルの「STOCKLI LASER SL FIS Z10FIS 165cm」。
STOCKLIはスイスの老舗メーカーです。
いろいろな板を試せるのが試乗会の良いところ。

履いた瞬間、ズシリと重さが。。
滑り出すと最初のターンで危うく置いていかれそうに。
さすが競技FISモデル、速いです!

硬いバーンでの安定感、整地でのカービングの心地よさに加え、昨年に比べて小さくなったラディウス(R=12.7m)のせいかスキッドもいい感じ。操作性が高いです。
今日の苗場の非圧雪バーンは固めで決して良いコンディションではありませんでしたが、走破力もあり安心して飛ばせます。整地の小回りは言うまでもなく、大回りも快適! 
今日の苗場の春の雪質には、意外にもSTOCKLIが一番対応力がありました。
この板、もの凄く気に入りました。


DSC01860
次はまたファット板の「ATOMIC VANTAGE 90CTi 176cm」。

滑り始めて最初に感じたのは、何と言っても履きやすいこと。
少し滑っただけで、もうだいぶ前から履いているような感覚が。
先に乗ったVANTAGE 100CTiにフィーリングは近いですが、ファット感は少なく整地での滑りやすさが感じられます。


DSC01867
整地でも、硬いバーンでも、不整地でも、新雪でも、どこへ行ってもそこそこ不安なく滑れます。
もし苗場でパトロールするとしたら、このような板が面白いのでは。

難点は、攻める楽しさが犠牲になっていること。
バーンに合わせた板で滑りを追求することは難しいと思いました。


DSC01871
最後に乗ったのは、SL板のセカンドモデル「FISCHER RC4 W.C. SC Z12 165cm」。

乗ってみてまず感じたのはバランスの良さ。
軽すぎず、重すぎず、張りの強さやカービングにスキッド、全体がこなれていて完成度が高いと思いました。
特にズラしの感覚が良いです。心地よい滑りが堪能できます。

安定性の点で飛ばし屋には向きませんが、中速域で使う分には上達を助けてくれる板となるのではないでしょうか。


試乗会も終わり自分の板NORDICA DOBERMANN SPITFIRE PROに履き替え。
DSC01876


いろいろな板を試し、改めてどのような滑りが自分の板にあっているかが良く判りました。
どうしても板の特性にあった滑り方になるので、どういう滑りがしたいのかが明確になった試乗会となりました。

色々な板を試してみて共通して言えるのは、どの板もエッジがしっかり立っていること。
自分の板はどんだけ手入れをしていないんだ〜 笑


[Camera]
Sony DSC−RX100


















関連記事

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tosyjp.blog.fc2.com/tb.php/116-703f7ffd
Listed below are links to weblogs that reference
苗場スキー from 週末は歩きing

Home > 上越 > 苗場スキー

タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ようこそ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。